ストレス 病気

仕事と休養のバランスを保つこと

私はこれまでに仕事上のストレスがたまっていることが多かったので、
非常につらい毎日を送っていました。
ある時の朝突然仕事に行きたくないと思うようになりました。
その頃は毎日残業が深夜まで続いていたために、
精神的にも体力的にも疲れ切っていたと思っています。
私はあまり身体が強い方ではないために、このままではどうにかなってしまうと考えました。
また、夜にスムーズに眠りにつくこともできなくなっていたので、
会社をしばらくお休みして心療内科に通うことにしました。
私の会社は比較的小規模な職場なのであまり長期間お休みすることはできないのですが、
会社の社長は私のことをかわいがってくれていたので、
3か月間の休職をさせてもらうことができました。
私はこれまで心療内科にことあるごとに通ったことがあったので、
今回の通院もあまり抵抗がありませんでした。
私は主治医の先生にとてもありがたいアドバイスをいただいているために、
病気の療養中の励みになりました。
私の診断名は軽度のうつ病と不眠症ということだったのですが、
薬物治療が功を奏したおかげで短期間で回復をすることができました。



今の日本社会はストレス社会と呼ばれいますが、
時にはしっかりと体と心を休ませることが大切だと考えています。
インターネットでも私と同じような境遇で悩みを持っている人がたくさんいるために、
口コミサイトや掲示板などで情報交換を行っています。
私は現代人はちょっとした仕事の疲れの積み重ねによって
いろいろな病気にかかることがあるのではないかと考えています。
私の場合は軽い精神疾患ということでしたが、何よりも体に違和感がある場合には
正直に上司に相談をすることがベストだと考えています。
私はこれからも自分の身体を第一に考えて社会生活を送ってゆきたいと考えています。
社会人として働いてゆくにあたっては仕事と休養のバランスを保つことが
本当に大切であることを身をもって実感しました。

毎日を楽しく過ごす心がけ

私は仕事上でいろいろと辛いことが積み重なっており、
つい先日体力的にも精神的にも疲れ果ててしまいました。
私は以前から不眠症のためにメンタルクリニックに通院していたのですが、
これから先にも仕事を続けるためにはしっかりと休養をすることがベストだと考えました。
そこで、休日にメンタルクリニックを受診したところ適応障害との診断を下されました。
私は今の職場に移ってから3カ月しかたっていなかったこともあって、
仕事上のプレッシャーにいつも苦しんでいました。
そうした環境が知らず知らずの間に私の心と身体にダメージを与えていたのだと考えています。
私はこれまでに欠勤をしたことがなかったために、非常に心苦しかったのですが、
適応障害のために数か月間の休職を申請することにしました。
私の職場は大企業ということもあって、
メンタルヘルス対策にはしっかりと気を配っていました。
そうした職場に恵まれたために、休職期間を心置きなく取得することができました。



私は2週間に1回のペースで最寄りのメンタルクリニックに通って薬物治療に励んでいます。
私の抱えている適応障害は過度なストレスが一つの原因だということで、
しっかりと体と心を休めることが大切だと思っています。
いわゆる心の病気の場合には自分ですべてを抱え込むことによって発症するそうですが、
私の完ぺき主義な性格はまさに病気を呼び寄せていると思っています。
私は休職期間中には一切仕事のことについて考えないようにしています。
私はストレスには人一倍弱い性格であるために、趣味に没頭することによって
毎日を楽しく過ごすことを心がけています。
職場の上司とは定期的にメールなどで連絡を取り合っていますが、
仕事の話は一切していません。
気がかりだったストレスによってできた薄毛は、治せたので一安心しています。
上司は私の病状に理解をしてくれているために、職場復帰の際にも全く不安を感じていません。
やはりメンタルヘルス対策が整っている職場は働く人にとっても
本当にありがたいものだと考えています。

menu